[配合解説]アクティブミノル

アクティブミノル 写真提供:馬・写・道

アクティブミノル 写真提供:馬・写・道



アクティブミノルは2012年産のサラブレッドでは一番早くJRA重賞勝ち馬となった馬です。
同馬はグランデファーム代表・衣斐浩が配合を考えた馬の一頭です。

「ピエナアマゾンの相手として、スタチューオブリバティを配合すれば一番高い評価ができる」と判定し、生産牧場のフジワラファームさんがその配合を選択された事で誕生した馬ですが、この配合を推奨した根拠を公開します。

私は3大血脈と定義している、超一流の遺伝力を発揮したNorthern Dancer、Nr. Prospector、Mill Reefの3頭の血統に着目し、それぞれを構築する「いくつかの重要な血」をクロスさせれば優秀な馬が出やすく、これに加えてTeddy系をはじめとする異系の血が必須だと考えています。

母ピエナアマゾンの血統で、まず注目できるのは「Haloクロスを持っている」事です。
配合相手にNorthern Dancerがあれば、Northern Dancerクロスが単に発生するだけでなく、Almahmoudクロス(サンデーサイレンス系の配合で大定番)も併せて発生し、更にその父Mahmoudもクロスが継続します。
さらにピエナアマゾンは母の父がKingmambo(Native Dancer直系)ですから、同時にNative Dancerクロスも発生します。

つまり、アクティブミノルの配合は、雑誌(サラBLOOD! vol.3)のインタビュー記事で公開した『Northern Dancerクロスの鉄板配合』の3条件のうち2条件を満たせる事になり、3大血脈Northern Dancerをかなり高いレベルで再現できていると判断できます。(あとはLady Angelaクロスがあれば満点といえる内容です。)

次に異系の血による活力があるかどうかですが、ピエナアマゾンは「アグネスタキオン×Kingmambo牝馬」という配合であり、異系の血は十分入っているとすぐに判断できます。
アグネスタキオンの祖母アグネスレディー、Kigmamboの祖母Pasadobleは、アメリカ血統が主体の本馬にとって典型的な異系血統なのです。

これに加えてアクティブミノルは、Tom Foolの5×5という異系クロスを持ち、そのTom Foolはその父Menow6・7×6・8・8とクロスを継続させています。
さらにTom Foolの母の父であるBull DogもTeddyクロスと継続させてあり、おまけにTom Foolの祖母の父Equipoise(エクイポイズ)は、強力な異系血統であるDomino系のクロスです。

この「Menow×Bull Dog牝馬」というTom Foolの配合は、父内Storm Catの4代母First Rose、母内のReg Godの母Spring Runの血統、とも全く同じという点は強調しておきたい部分です。

 


Tom Fool 牡 1949年 30戦21勝 1953年全米年度代表馬&全米最優秀スプリンター
(色塗り部分はアクティブミノルの血統内でクロスしている箇所)
◯Menow

1935年
Pharamond

1925年
Phalaris
Selene
Alcibiades

1927年
Supremus
Regal Roman
Gaga

1942年
Bull Dog

1927年
Teddy
Plucky Liege
Alpoise

1937年
Equipoise ~祖父Peter Pan
(+)Commando系
Laughing Queen


First Rose (Storm Catの4代母)  牝 1946年
(色塗り部分はアクティブミノルの血統内でクロスしている箇所)
Menow

1935年
Pharamond

1925年
Phalaris
Selene
Alcibiades

1927年
Supremus
Regal Roman
Rare Bloom

1935年
Sir Gallahad

1920年
Teddy
Plucky Liege
Rowes Bud

1917年
Broomstick
Cherokee Rose ~父Peter Pan
(+)Commando系

Commando 5 x 5


Spring Run (Red Godの母) 牝 1948年
(色塗り部分はアクティブミノルの血統内でクロスしている箇所)
Menow

1935年
Pharamond

1925年
Phalaris
Selene
Alcibiades

1927年
Supremus
Regal Roman
Boola Brook

1937年
Bull Dog

1927年
Teddy
Plucky Liege
Brookdale

1921年
Peter Pan
(+)Commando系
Sweepaway
Commando 5 x 4
 

私は単なるクロス(※Tom Fool単独)に比べて、相似の血統(※Spring Run、First Rose)を含めたクロスの方がより強く作用すると考えています。
アクティブミノルの場合は、「Tom Foolの5×5クロス」というよりはむしろ、「Tom Foolの6・5×5・7クロス」というべき内容で、しかも前述したようにTom Fool内部もMenowを継続させたり、Bull DogEquipoiseなど複数の異系クロスが発生しており、非常に強力な配合になっています。

Equipoiseは自身が名馬&名種牡馬でもありますが、その祖父Commandoがほぼ無敗の競走成績を残し、種牡馬としては全産駒わずか27頭で米チャンピオンサイアーになった名馬であり、Commandoの父Dominoもアメリカ競馬史に残る快速馬で、種牡馬として全産駒わずか20頭の中からベルモントS馬と英オークス馬を輩出、という驚異的な遺伝力を持った異系血脈です。またこの系統は名馬Native Dancerの血統でも重要な血でもあります。

アクティブミノルのTom Foolクロスに、Domino系Equipoiseのクロスが加わるのは大きなプラスポイントで、この血が入ると、若干もまれ弱い所はあったとしても、馬力のある走りを見せる馬が多い印象です。

 

さらにTom Fool、First Rose、Spring Runに共通する「Phalaris系種牡馬×Bull Dog系牝馬」という配合はStorm Birdとも配合が似ています。

Storm Birdの血統表

Northern Dancer
1961 鹿
Nearctic
1954 黒鹿
Nearco その父Pharos-祖父●Phalaris
Lady Angela
Natalma
1957 鹿
Native Dancer
Almahmoud
South Ocean
1967 鹿
New Providence
1956 鹿
Bull Page その父Bull Lea-祖父◎Bull Dog
Fair Colleen
Shining Sun
(◎Bull Dog5×4クロス保有)

1962 鹿
Chop Chop
Solar Display
 

アクティブミノルの配合はこのように複数の相似な血統を生かす事ができているのです。

さらに異系であるTorbillon系の名牝Missy Babaの5×6という牝系クロスも発生しています。牝系クロスはそれ自体でプラス材料と考えていますが、それがTorbillon系ですから言う事なしです。

細かい部分ではスタチューオブリバティの母の父はSeattle Slewですから、PolynesianクロスがNative Dancerクロスに継続しており、深味を加えていました。

以上のことから、アクティブミノルは異系の血を十分に備えた血統であると判断できます。

アクティブミノルの配合は一言で言うならば「Northern Dancerを高いレベルで再現した事でマイルからクラシックディスタンス向きのスピードを備え、異系の活力あるスピードを何重にも備え、爆発力ある配合」と高く評価できます。
函館2歳ステークスを制した時のレースぶりは、ダッシュが良くなかったのに簡単に先手を奪い、最後は後続を引き離してゴールしましたが、配合の見立て通りのレースぶりでした。

スタチューオブリバティ産駒全体の傾向として、一本調子な点と、長距離は苦手とする傾向がありますので、距離はマイルが限界だと思いますが、気分良く走らせればものすごい破壊力を見せてくれるはずです。

アクティブミノルの血統表 (異系の部分を黒塗りしてあります)
スタチューオブリバティ
2000 黒鹿
Storm Cat
1983 黒鹿
Storm Bird
1978 鹿
Northern Dancer
1961 鹿
Nearctic
Natalma
South Ocean
1967 鹿
New Providence
Shining Sun
Terlingua
1976 栗
Secretariat
1970 栗
Bold Ruler
Somethingroyal
Crimson Saint
1969 栗
Crimson Satan
Bolero Rose
Charming Lassie
1987 黒鹿
Seattle Slew
1974 黒鹿
Bold Reasoning
1968 黒鹿
Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer
1969 鹿
Poker
Fair Charmer
Lassie Dear
1974 鹿
Buckpasser
1963 鹿
Tom Fool
Busanda
Gay Missile
1967 鹿
Sir Gaylord
Missy Baba
ピエナアマゾン
2007 栗
アグネスタキオン
1998 栗
サンデーサイレンス
1986 青鹿
Halo
1969 黒鹿
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
1975 鹿
Understanding
Mountain Flower
アグネスフローラ
1987 鹿
ロイヤルスキー
1974 栗
Raja Baba
Coz o’Nijinsky
アグネスレディー
1976 鹿
リマンド
イコマエイカン
ロイヤルリフ
Royal Riff

1996 栗
Kingmambo
1990 鹿
Mr.Prospector
1970 鹿
Raise a Native
Gold Digger
Miesque
1984 鹿
Nureyev
Pasadoble
Royal Revels
1991
Rahy
1985 栗
Blushing Groom
Glorious Song
Royal Folly
1966 栗
Tom Fool
Golden Sari
単純に「スピードに、さらにスピードを加える配合は、単なるスプリンターになる」のはケン・マクリーンの著書「クラシック馬の追求」の序盤にも書かれている事ですが、アクティブミノルの配合においては配合の工夫によって、重要な血を継続クロスや4分の3同血クロスで補強する事を目指して配合し、母ピエナアマゾンが持つ血統の良さを存分に活かせることが出来ました。

これがアクティブミノルがスタチューオブリバティ産駒初の重賞勝ち馬となる成功を収めた一つの要因となったのではないかと考えています。



(2015年9月13日 加筆修正)
(2015年9月14日 加筆修正)
(2015年10月4日 加筆修正)