B.レーストピックス

グランデファーム育成共有馬グラヴィオーラ、Jpn3エーデルワイス賞にて2着

2017年10月12日(木曜)、門別競馬場で行われた11R、エーデルワイス賞(2歳牝馬、交流Jpn3、ダート1200m、1着賞金2000万円)にて、当社育成オーナーズ共有馬グラヴィオーラ(牝2歳、門別・小野望厩舎)が2着しました!

グラヴィオーラ エーデルワイス賞2着のレース映像



直線抜け出してマッチレースに持ち込むも2着

前走は特別戦を2着し、ここは単勝10.3倍の4番人気での出走でした。
ダッシュ良くスタートで飛び出して前目の好位置を確保すると、逃げ馬の先行争いの直後につけ淡々とレースを進め、3~4コーナーで上手く立ち回って最内に潜り込み、直線は勝ち馬の外につけて追い込むも脚色が同じとなり、1/2馬身差の2着でした。
JRA所属馬が全て馬群に沈む、厳しいレースでの2着は価値があります。

本馬はグランデファームで育成された馬です

本馬は生産者さんと共同所有させていただいている馬で、デビューまで弊社にて育成させていただいた馬です。
道営2歳馬のレベルの高さを示すレースぶりを披露し、今後の活躍が楽しみです。

グラヴィオーラの競走馬プロフィール

グラヴィオーラ:2015年生、牝馬
父サウスヴィグラス、母カクテルラウンジ、母の父タニノギムレット
小野望厩舎所属、村田紀次様の所有(グランデオーナーズ共同所有)、新冠・ハクツ牧場生産。
通算成績6戦3勝、2着2回。ルビー特別、エーデルワイス賞-Jpn3・2着。