B.レーストピックス

グランデファーム育成馬トミケンスラーヴァ、OP特別の万葉Sを勝利!

2018年1月7日(日曜)、京都競馬場で行われた11R、万葉ステークス(4歳以上オープン、芝3000m、1着賞金2400万円)にて、当社育成馬トミケンスラーヴァ(牡8歳、美浦・竹内正洋厩舎)が通算5勝目を挙げました!

トミケンスラーヴァ 万葉ステークスのレース映像


富樫様、竹内厩舎の皆様、優勝おめでとうございました!

直線先頭から押し切る、ステイヤーらしい勝利!

前走は準オープン戦を1着として、ここは単勝17.0倍の7番人気での出走でした。

スムーズなスタートから2番手でしっかり折り合ってレースを進め、逃げ馬が後続を大きく引き離す展開を2番手で追走し、2度目の3コーナーできっちり詰めて先頭を奪って、楽々とした手応えのまま直線を迎え、残り200の地点でムチが2発入ると後続を引き離し後続を完封して1/2馬身差で勝利しました。

本馬はグランデファームで育成された馬です

本馬は当社にて馴致・育成し、競馬場へ送り出した馬の一頭です。
弊社独特のしっかり長目を乗るスタイルの育成が年月を経て実を結び、タイキシャトル産駒初の芝3000m戦の勝ち馬へと成長してくれました!

トミケンスラーヴァの競走馬プロフィール

トミケンスラーヴァ:2010年生、牡馬
父タイキシャトル、母タイキクララ、母の父デヒア
竹内正洋厩舎所属、富樫賢二様の所有、大樹町・大樹ファーム生産。
通算成績36戦5勝、2着2回。万葉ステークス-OP、古都ステークス、白井特別、背振山特別。

グランデファームは北海道浦河の育成牧場です

弊社は2003年に衣斐浩により設立された育成牧場です。

当歳馬の中期育成~1歳馬の馴致~2歳馬の育成調教、および現役馬の休養を主業務にしており、サウンドスカイ、ヒルノダムール、ローレルゲレイロ、イイデケンシンといったG1馬を育てた牧場です。


グランデファームでは、単に馬の肉体面を鍛える事のみを目的とせず、騎乗者の意志に忠実な、より実戦的な競走馬へと成長できるよう、日常的なトレーニングにも注意を払い、サラブレッド一頭一頭の個性を重視した管理を心掛けております。

牧場の基本データへ