B.レーストピックス

オーナーズ所属馬ブレイクザボーダー、2戦目を逃げ切って快勝!

2020年2月23日(日曜)、東京競馬場で行われた3R、3歳未勝利(ダート1600m、1着賞金510万円)にて、当社育成馬ブレイクザボーダー(牡2歳、美浦・畠山厩舎)がデビュー2戦目で見事に勝ち上がりました!

ブレイクザボーダー 3歳未勝利戦のレース映像


畠山吉宏厩舎の皆様、優勝おめでとうございました!

初ダート戦も積極的なレース運びで逃げ切って完勝!

前走デビュー戦を10番人気4着として、ここは単勝10.4倍の5番人気での出走でした。
ゲートを飛び出した迷わず騎手が気合をつけて先頭に躍り出ると、あっさりと先頭をキープしてしっかりと折り合ってレースを進め、手応えをキープしたままポジションを譲らず先頭で直線に入り、坂の途中から気合をつけて他馬を引き離し、3馬身のリードを付けて勝負を決し、堂々たるレースぶりで1-1/2馬身差で勝利しました。

このレースでの勝利で、笠松競馬所属の佐藤友則騎手は東京競馬場で初勝利となりました。勝利を称えるに相応しく「限界を超える」という名を持つ馬で、その勝利を演出できたことを嬉しく思います。

本馬はグランデファームで育成・販売された馬です


本馬は当社にて馴致・育成し、2019年の北海道トレーニングセールにて公開調教タイム:11.59-10.89を計時しましたが、主取りとなった為(販売価格800万円)、弊社オーナーズ所属馬としてデビューした一頭です。

ブレイクザボーダーの競走馬プロフィール

ブレイクザボーダー:2017年生、牡馬
父レッドスパーダ、母レッドハート、母の父メイショウオウドウ
畠山吉宏厩舎所属、グランデオーナーズ所有、新ひだか町三石・萩澤國男氏生産。
通算成績2戦1勝。