[売り馬]レッツグルーヴの2018(牝・父ディープブリランテ)

所有:有限会社グランデファーム 市場取引価格:270万円(2019年サマーセール)

父ディープブリランテ、母レッツグルーヴ(母の父フレンチデピュティ)
ご好評につき販売終了となりました。誠にありがとうございました。

(2020年2月撮影 487kg ※画像をクリックすると拡大します。)

(2020年2月撮影 ※画像をクリックすると拡大します。)

牝馬・栗毛 2018年2月27日生まれ 生産:日高・荒井ファーム

2020年4月22日の測尺:体高163cm、胸囲185cm、管囲19.8cm 馬体重498kg

悪癖:なし 手術歴:なし
体が柔軟で尻の筋肉量が多く、素晴らしい馬体の持ち主です。母の父フレンチデピュティの硬さが無く、クッションの利いたフットワークをしています。とても魅力を感じている馬です。

本馬のおじにハートビートソング(中央5勝、目黒記念-G2・2着、青葉賞-G2・3着他)。近親にフォルナリーナ(報知杯4歳牝馬特別-G2・3着)、ダイアモンドヘッド (デイリー杯2歳S-G2・2着)

調教動画


リハーサル調教タイム 2020年4月6日:
[5ハロンGPS独自計測]BTCダートトラック78.5-55.9-37.6-23.2-11.4 ユキノマーガレット2018と同入 (公式タイム11.20秒)
[計測前のウォーミングアップ]BTC坂路61.8-46.5-32.9-15.7

*グランデファームがトレーニングセールで目指すゴールは、セールの売却ではなく、「競馬場でのレース=実戦」です。
リハーサル調教においても独自にGPS計測を実施し、1ハロンではなく5ハロンの時計を公開し、皆様に本当に価値ある馬をご提供したいと考えております。

父ディープブリランテについて

2011年生まれ。新冠産。父ディープインパクト、母ラヴアンドバブルズ、母の父Loup Sauvage。
主な勝ち鞍:日本ダービー、東京スポーツ杯2歳ステークス。
日本ダービー勝利後、英国キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへ挑戦し8着。帰国後に菊花賞へ向けて調整されていたが、10月に右前脚に屈腱炎を発症し、引退し種牡馬入り。
2016年に初年度産駒がデビュー。初年度産駒からセダブリランテス(ラジオNIKKEI賞、中山金杯)、3世代目からモズベッロ(日経新春杯)を輩出し、上々のスタートを切っている。

※こちらをクリックすると日本競走馬協会スタリオンズジャパン2020の該当ページへジャンプします。(種牡馬ウォーキング動画あり)

レッツグルーヴ2018のブラックタイプ

※クリックすると拡大します。

※こちらをクリックするとJBISのページへジャンプします。