ヒルノダムール、日経新春杯(G2)を2着

京都競馬場で行われた11R、日経新春杯(芝2200m、1着賞金5800万円)にて、当場調教馬ヒルノダムール(牡4歳、栗東・昆厩舎)が直線外から追い込みましたが、勝ち馬ルーラーシップから2馬身及ばず2着でした。
惜しくも2着となりましたが、前年のジャパンカップ勝ち馬ローズキングダムを抑え込んだレース内容はG1級の卓越した実力を示してくれました。

ヒルノダムール:2007年生、牡馬
父マンハッタンカフェ、母シェアエレガンス、母の父ラムタラ
昆厩舎所属、蛭川正文様の所有、新ひだか・橋本牧場生産。
通算成績11戦2勝、2着5回。若駒ステークス、皐月賞-G1・2着、鳴尾記念-G3・2着、ほか。

お知らせ一覧に戻る

関連記事

ヒルノダムール、フォワ賞で大接戦の2着
ヒルノダムール、フォワ賞で大接戦の2着
ヒルノダムール、皐月賞では2着
ヒルノダムール、天皇賞春を制し念願のG1奪取!
ヒルノダムール、産経大阪杯レコード勝ち
ヒルノダムール、産経大阪杯レコード勝ち
ヒルノダムール、鳴尾記念(G3)は2着
ヒルノダムール、鳴尾記念(G3)は2着
ヒルノダムール、京都記念(G2)を3着
ヒルノダムール、京都記念(G2)を3着
ページ上部に戻る