活躍馬

グランデファームで育成・調教された出身馬達は、中央地方のG1レース、重賞レースで目覚しい実績を挙げております。

おかげさまで4頭のG1馬を輩出し、2007年より9年連続で重賞勝ちを達成する事ができました。
(獲得賞金1億円以上の育成馬のリストはこちらです)

2020年

日付馬名レース名格付け着順
2020.09.21バビット(育成販売馬)セントライト記念G2優勝
2020.07.05バビット(育成販売馬)ラジオNIKKEI賞G3優勝
2018年
東京プリンセス賞 南関S1 優勝  グラヴィオーラ号(弊社共有馬)
2017年
東京2歳優駿牝馬 南関S1 優勝  グラヴィオーラ号(弊社共有馬)
ユニコーンステークス G3 2着 ハルクンノテソーロ号
2016年
全日本2歳優駿(交流重賞) Jpn1 2着 シゲルコング号
2015年
全日本2歳優駿(交流重賞) Jpn1 優勝  サウンドスカイ号
兵庫ジュニアGP(交流重賞) Jpn2 優勝  サウンドスカイ号
名古屋大賞典(交流重賞) Jpn3 優勝  メイショウコロンボ号
京都ハイジャンプ J・G2 優勝  ルールプロスパー号
2014年
七夕賞 G3 優勝  メイショウナルト号
スパーキングレディーC(交流重賞) Jpn3 優勝  サウンドガガ号
兵庫ゴールドトロフィー(交流重賞) Jpn3 優勝  メイショウコロンボ号
京都ハイジャンプ J・G2 優勝  ルールプロスパー号
カペラステークス G3 3着 メイショウノーベル号
2013年
小倉記念 G3 優勝  メイショウナルト号
オールカマー G2 2着 メイショウナルト号
2012年
ファンタジーステークス G2 優勝  サウンドリアーナ号
フィリーズレビュー G2 2着 ビウイッチアス号
新潟2歳ステークス G3 3着 サウンドリアーナ号

2011年

日付馬名レース名格付け着順
2011.05.01ヒルノダムール号天皇賞春G1優勝
2011.04.03ヒルノダムール号産経大阪杯G2優勝
2011.01.16ヒルノダムール号日経新春杯G22着
2011.02.06リキサンマックス号きさらぎ賞G32着
2011.02.13ヒルノダムール号京都記念G23着
2011.05.07サウンドバスター号京都新聞杯G23着
2011.02.13ディープサウンド号共同通信杯G33着
2011.04.11ディープサウンド号ニュージーランドトロフィG24着

2010年

日付馬名レース名格付け着順
2010.03.14サウンドバリアー号フィリーズレビューG2優勝
2010.07.04アロマカフェ号ラジオNIKKEI賞3歳SG3優勝
2010.04.18ヒルノダムール号皐月賞G12着
2010.09.19アロマカフェ号セントライト記念G23着
2010.10.16メイショウナルト号デイリー杯2歳SG23着
2010.08.22ヒルノダムール号札幌記念G24着

2009年

日付馬名レース名格付け着順
2009.10.04ローレルゲレイロ号スプリンターズSG1優勝
2009.03.29ローレルゲレイロ号高松宮記念G1優勝
2009.06.07ディープスカイ号安田記念G12着
2009.04.05ディープスカイ号産経大阪杯G22着
2009.02.01ヒシカツリーダー号根岸ステークスG32着
2009.06.28ディープスカイ号宝塚記念G13着

2008年

日付馬名レース名格付け着順
2008.09.28ディープスカイ号神戸新聞杯G2優勝
2008.03.02ローレルゲレイロ号阪急杯G3優勝
2008.02.02ローレルゲレイロ号東京新聞杯G3優勝
2008.11.30ディープスカイ号ジャパンカップG12着
2008.11.02ディープスカイ号天皇賞秋G13着
※ディープスカイ号は日本ダービー勝利後、グランデファームで夏を過ごしました。  
注目当時のウォーキング映像はこちらです。

2007年

日付馬名レース名格付け着順
2007.12.19イイデケンシン号全日本2歳優駿交流G1優勝
2007.03.28アルドラゴン号名古屋大賞典交流G3優勝

2006年

日付馬名レース名格付け着順
2006.03.05マチカネオーラ号中京記念G3優勝

2002年

日付馬名レース名格付け着順
2002.09.28ワンダーボーイ号札幌2歳ステークスG33着