B.レーストピックス

リキサンマックス、G3きさらぎ賞で2着

京都競馬場で行われた11R、きさらぎ賞(G3、芝1800m、1着賞金3900万円)にて、当場調教馬リキサンマックス(牡3歳、栗東・昆厩舎)が後続を大きく引き離す積極的なレースを展開し、ゴール前あと僅かというところまでのクビ差の接戦で2着となりました。

同じく同レースに出走した、当場調教馬メイショウナルト(牡3歳、栗東・武田厩舎)はスピードを活かして2番手からレースを進め、5着と健闘しております。



リキサンマックス:2008年生、牡馬
父キングヘイロー、母ビッグテンビー、母の父テンビー
昆厩舎所属、村田牧場様の所有、新冠・村田牧場生産。
通算成績3戦1勝2着1回。


メイショウナルト:2008年生、牡馬
父ハーツクライ、母スターペスミツコ、母の父カーネギー
武田厩舎所属、松本好雄様の所有、浦河・鎌田正嗣氏生産。
通算成績5戦1勝2着2回。